ホームページ サイトマップ
消防・防災最前線 生活安心情報 資格試験講習会 消防概要 消防団コーナー キッズコーナー 防災のページ
ホームページ消防・防災最前線 > 救急活動編:入浴中の事故を防ぐには!
前のページへ 次のページへ
冬に増える入浴中の事故


 寒い冬、お風呂に入りゆっくり温まるのはほっとするひと時です。
 しかし、冬の入浴は、急激な温度変化に伴う血圧の変化により、特に高齢者は心疾患、脳血管障害などの事故につながることがあります。また、その他に浴室内での転倒や溺水等の事故にも注意が必要です。



半身浴を心がける。 長い時間の入浴を避ける。
半身浴を心がける。
(体温の上昇や心臓への負担を少なくします)
長い時間の入浴を避ける。
(目安は脈拍が上昇しないこと)

お湯の温度は、41℃以下にする。 入浴前の飲酒は控え目に。
お湯の温度は、41℃以下にする。
入浴前の飲酒は控え目に。

入浴中の声かけ。 浴槽・浴室内の転倒防止を図る。
入浴中の声かけ。
浴槽・浴室内の転倒防止を図る。
(浴室内の滑り止めや、手すりの取付け)

入浴中の事故が起きた場合の対処法は?
@ 顔が水に沈むのを防ぐ。
A 浴槽から救出し、平坦な場所に寝かせ毛布等で保温する。
(救出できない場合は湯栓を抜く。)
B 救急車を呼ぶ。
C 救急車到着まで人工呼吸、心臓マッサージを行う。
※ 近くの人に大声で知らせ、これらの処置の協力を求める。

舞鶴市消防本部では、毎月1回普通救命講習を実施しています。詳しくは、ホームページの「普通救命講習」をご覧下さい。


前のページへ 次のページへ

ホームページ消防・防災最前線 >救急活動編: 入浴中の事故を防ぐには!
上へ
 インフォメーション休日診療病院普通救命講習消防防災リンクお問い合せ・連絡先舞鶴市ホームページ